最新情報

【認知症家族の預金引き出しが簡単に】

全国銀行協会が認知症患者の家族による預金引き出しについて、初めてとなる指針を公表すると新聞報道がありました。

2021年2月17日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」の中で残間里江子さんが担当するコーナー(AM6:05頃)を聞いて知りました。

現時点で全国銀行協会の公式ホームページには、この指針に関する情報は掲載されていないかったので、朝日新聞や日本経済新聞の報道で知る限りですが、認知症患者の家族にとっては朗報となりそうです。

これまでの銀行の対応は、本人が認知症であれば成年後見人を立てないと預金の引き出しは認められないとするとこ...

詳細

【死亡後、預金凍結前の払戻しはどうなる?】

相続が開始しても、故人が金融機関に保有していた口座は当然に凍結する訳ではありません。

もちろん口座が凍結すると、基本的には預金等の引き出しはATMでもできなくなりますが、反対に凍結しない限りは、少なくともATMでの引き出しはできることになります(窓口では本人確認がある為当然にはできませんが…)。

それではいつの時点から故人の口座が凍結するかと言えばそれは「相続人が金融機関に対して相続開始(死亡)の連絡をした時から」と、なります。連絡をしない限りは金融機関は口座名義人の死亡を知りようがない為、口座は凍結されません。

そこで、問題となるのが...

詳細

【遺産分割終了後のトラブルは解決できるか】

故人に遺産がある場合、一般的には相続人同士で遺産の分け方について話し合います。例えば相続人Aは自宅を相続して、相続人Bは預金を相続して…などです。この話し合いの事を遺産分割協議と言います。

遺産分割協議はきちんと当事者の意思を反映した内容になっているはずであり、そのことを承知した上で「遺産分割協議書」に署名捺印をするため、協議後に問題が発生するということはほとんどありません。

しかし、「親の面倒を見ることを条件に財産をたくさん相続したのに、その約束を破っている」という事例はよくある話です。

他にも、遺産分割協議書の中には直接書かれていな...

詳細

【母の財産を使い込んでいる兄弟がいる問題】

当事務所で行っているメール相談で、「使途不明金」に関する相談が続いていましたので、思いつくことを書きたいと思います。

使途不明金の問題とは、故人の財産を管理する(管理していた)相続人が、財産を勝手に使い込むことにより発生します。

特に故人と同居していた相続人は、故人から通帳を預かって預金の引き出しを行うことも多く、このような問題が発生しやすいと言えます。

使途不明金は生前から発覚しているケースと、相続が発生して初めて明らかになるケースの2通りがあります。それぞれで若干解決方法は異なります。

生前から使途不明金が判明しているケースでは、...

詳細

【相続と未支給年金について】

国民年金などの年金受給者が、死亡前に受領すべきであった年金を、自らが受け取る前に亡くなった場合、その年金は誰のものなのでしょうか。

国民年金は、例えば4月と5月の2か月分が翌月の6月にまとめて支払われるようなシステムです。5月に死亡した場合、支払われるはずの6月にはすでに死亡しているわけですから、もはや受け取れないのではないか?とも思えます。

この点は、法律に規定があります(国民年金法)。法律は「年金給付の受給権者が死亡した場合において、その死亡した者に支給すべき年金給付でまだその者に支給しなかつたものがあるときは、その者の配偶者、子、父母、孫、祖父母...

詳細

【遺産分割協議書は必要か?】
相続が開始すると、故人の遺産に関する相続手続きを行わなければなりません。この相続手続きというものが中々厄介で、ほとんどの方は初めて体験することになる訳です。

「初めてだけど自分でやってみよう」と言う方もいれば、「初めてだから専門家に任せよう」と言う方もいて、それは人それぞれとしか言いようがありません。

今回は、相続手続きでよく問題になる「遺産分割協議書」について取り上げます。

普通に生活していて「遺産分割協議書」という言葉を使うことはまずありませんが、相続手続きにおいては頻繁に登場する用語ですので覚えておいても損はないと思います。

「遺産分割協議書」...

詳細

【ネットで分からない遺言書の作り方】

法務局で遺言書を預かるサービスが始まって2ヶ月が経過しました。これまで遺言を残すことに何の興味もなかった方も「自分もやってみるか」と重い腰を上げるきっかけになったのではないでしょうか。

しかし、いざ遺言書を作ると言っても、細かいことを気にするとキリが無いことでしょう。それは当然です。ほとんどの方はこれまで遺言書など書いたことが無いのですから。

法務局が預かってくれるのならば、法務局に聞けばいいじゃないかと思うのは早合点です。法務局にも答えられることと答えられないことがあるので過度な期待は禁物です。

要するに「遺言書の保管サービス」は結果的に自...

詳細

【遺言書はどのタイミングで見せるのか?】

故人が亡くなり、遺言書が発見された場合、遺言書を保管している相続人は一体どのタイミングで他の相続人に見せればいいのでしょうか?

そもそも見せる必要があるのか?という問題もあります。いずれにしても「見せるべきか、見せない方が良いのか」で悩むという事は、その遺言の内容が遺産の分け方について不平等であるからでしょう。

たとえば「法定相続分通りに分けなさい」とでも書いてあれば誰にとっても利益でもなく不利益でもないわけですから、そんな悩みは生まれません。

一方で、ある特定の相続人に有利な内容であれば、当然他方の相続人は不利益になる訳ですから、有利な...

詳細

【成年後見制度の利用価値について】

平成12年からスタートした成年後見制度も、すでに20年が経とうとしています。「成年後見」という言葉自体は世の中に浸透した感がありますが、この制度が正しく理解されているか、使い勝手の良いものとなっているかはまた別の話であると思います。今回は成年後見制度のよくある誤解を3つ取り上げつつ、この制度の利用価値を改めて考えてみたいと思います。

成年後見制度の良くある勘違いの1つ目として「認知症になったら必ず成年後見人を付けなければならない」というものです。本制度の利用は義務ではありません。任意です。ただし、本人の財産を処分するような場合は、例え家族であっても...

詳細

クチコミ

6 か月前
相続の件で相談させていただきました。 相続に関して知識が乏しかったため、不安だっため、口コミで評判の良かったこちらの事務所に伺いました。 対応していただいた今先生は終始笑顔でこちらの話を聞いてくださり質問に対する解答も明確で分かり易かったです。 中でも有難かったのは客観的な目線でアドバイスをいただけたことでした。 色々と質問ばかりしてしまいましたが結局無料相談になってしまい逆に恐縮してしまいました。 有難うございました。
- Satoshi O
1 年前
相続手続きをお願いしました。何もわからず困っているところ、大きいことから小さいことまで親身に相談に乗ってくれました。助言も的確でした。信頼できる先生方です。料金も良心的だと思います。
坂本悠亘
1 年前
相続登記でお世話になりました。 相続登記に関係のない質問もしてしまったのですが、嫌な顔ひとつせず柔らかい笑顔で応対して下さりありがたかったです。 説明も分かりやすく、手続きもスムーズでしたし、メールで連絡までいただいて安心してお任せする事が出来ました。
くるみ

当事務所の概要

【経歴】
■司法書士今健一は早稲田実業学校高等部商業科(商業科は現在廃止)卒業、早稲田大学教育学部卒業です。
■司法書士齋藤遊は早稲田実業学校高等部商業科(商業科は現在廃止)卒業、早稲田大学法学部卒業です。  
■平成13年に現在の「こん・さいとう司法書士事務所」として合同事務所を開設。
■公益社団法人成年後見リーガルサポート東京支部会員(今)(齋藤)
■家庭裁判所に備え置かれる「後見人・後見監督人候補者名簿」に登載済み(今)
公益財団法人東京都中小企業振興公社「ワンストップ総合相談窓口」相談員(今)
公益財団法人東京都中小企業振興公社「専門家派遣事業支援専門家」登録番号第1109号(今)
■東京法務局立川出張所「相続登記支援ルーム」相談員(今)
■東証一部上場「資格の学校TAC」にて平成13年より現在まで司法書士を目指す後進を指導。合格された司法書士は北海道から沖縄まで全国で活躍中。講義・公演時間は合計1000時間を超える。(今)

【実績・得意分野】
■当事務所で受託する案件のうち95%は相続手続き業務です。
■遺産相続手続きに特化した専門事務所です。
■パートナー税理士がおりますので相続税申告手続きにも迅速に対応できます。
■パートナー弁護士がおりますので相続に関する裁判手続きにも迅速に対応できます。
■家庭裁判所より選任され、成年後見人にも就任しています。
■土地の相続手続き、銀行相続手続き、不動産の相続手続きなど、「相続手続き」といっても様々な手続きがございます。ほとんどすべての相続手続きに迅速対応できます。
■戸籍謄本の取り寄せ、相続登記、遺産分割協議書の作成などベーシックな手続きはもとより、相続放棄、不在者財産管理人手続き、相続財産管理人手続き、成年後見手続き、相続人会議の開催サポートなど、一般的にはなじみのない手続きも全部対応できるのが相続専門事務所の強みです。

【直接相談時の料金目安】
■毎週土曜日に無料相談を実施しています。初回60分までは0円です。
■平日も無料相談を実施しています。詳しくはお問い合わせください。

【費用・報酬・料金のお支払い】
■着手金は不要です。
■御見積は無料にて対応いたします。
■お支払いは現金または当事務所名義の銀行口座となります。

お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 042-324-0868

住所

ルートを検索
日本
〒185-0012 東京都国分寺市本町2丁目22−2
第一鴨下ビル306

営業時間

月:9時00分~18時00分
火:9時00分~18時00分
水:9時00分~18時00分
木:9時00分~18時00分
金:9時00分~18時00分
土:9時00分~18時00分
日:定休日
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。